足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

タグ:オーダーインソール

写真は40代の女性のお客さんのスニーカー。
おろしたてを履いて来られました。

希望をお聞きすると、履き心地が悪いとか、そういう訳じゃないのだそう・・・。


「普段履き用のスニーカーなんですが、自分に合わせてオーダーインソールを入れたらもっと履き心地がアップするんじゃないかと思って。」との事。
今回は佐野さんがフットプリントをとらせていただき、早速インソール製作させていただきました。
0812_4409_w700
0812_4407_w700
途中、何度か履いて歩いてみていただき、左右の体のぶれや、その方の歩行の特徴も踏まえた調整を行なっていきます。

「あと、スニーカーの紐はちゃんと履くたびに締めなおして履かないと勿体無いですよ。」と佐野さん。
甲の部分をちゃんと靴にフィットさせておかないと、インソールの効果がちゃんと得られないのだそうです。

完成したインソールで歩いてみると、お客さん、
「あれー!同じスニーカーなのに履き心地がぜんぜん違います!インソール入れる前は単にふわふわしている感じだったのだけれど、インソールが入ると、すっごい安定感があります。土踏まずのところも靴にしっかり触れていて、歩くのが気持ちいい!! それに、靴の中で足がずれない気がします。」

佐野さん曰く、「歩きやすいからと言って急に長時間履かないでくださいね、少しずつ慣らしていくようにしてください。」

なんでも、その方の歩行状態に合わせて、より良い姿勢で歩けるようにカスタマイズしているため、今まであまり使っていなかった筋肉もこれで動きやすくなるのだそうです。
その方に合った歩きのバランスを、靴でサポートできるようにするインソールということ。急に長時間履いて、日頃使っていなかった筋肉がびっくりしないようにということらしいです。

【おまけ!】
オーダーインソールは高価なので、せっかく作ったら一つの靴だけに使うのは勿体無いですよね。
このスニーカーに合わせて作っているので、他のデザインのスニーカーには使えませんが、同じスニーカーをもう一つ購入しておけば、靴が傷んできてもインソールだけぬいて新しい方に入れて使えるのだそうです!
いいことを教えていただきました!

写真でご主人と仲良く並んでくださったT様、今日は靴を選びに来て下さいました。

変形性膝関節症の為、手術されてから半年。
膝に負担の少ない靴を求め探していらっしゃったところ、当店まで辿り着かれたのだそうです。

1018_02_w480
一般にコンフォートシューズは、黒・茶の単色が多く、服装や小物に合わせる楽しみが少ないものなのですが、馬喰快歩堂ブランドのこのシリーズ、シックな配色を楽しんでもらえるラインナップも自慢の一つなのです。
(工房も同じ建物内だから、セミオーダーで、お好きな色で作ることも可能です。)

T様も最初は無難な黒単色を候補に入れていらっしゃいましたが、ダークブラウンと型押しのコンビが目に入り、迷われていました。・・・そこへご主人の一言。

『手術して頑張ったんだから、お洒落したら?』
ぶっきらぼうにおっしゃる中にも、奥様を大切にされているのが私たちにも伝わってきました。


T様も「・・・運動靴以外のものは久し振りに履きました!」と嬉しそうなご様子です。

そして、歩行矯正用のインソール(※DYMOCO理論採用)もお作りし、あわせて履いてみて頂きました。すると、
「靴が吸い付いてくる!?」と驚きのご様子。 よかった!

この馬喰快歩堂ブランドのコンフォート靴、もう一つの特徴は、インソールを入れていただく場合に、DYMOCO理論に基づいたオーダーインソールのパフォーマンスを最大限発揮できるように作られているところです。

そして、それを実感していただけるよう、お客さま一人ひとりのその時の足の状態・歩きの状態にあわせ、きめ細かな調整をつねに心がけています。

T様、ご来店ありがとうございました!

0802_w300現在、足と靴に困っている人の為の総合ケア施設の開設準備を、急ピッチで進めております。

店舗名は「馬喰快歩堂」に決まりました。

外反母趾や変形性膝関節症などで、辛い慢性痛をお持ちの方にも対応できるよう、万全の態勢でスタートする為に頑張っております。

治療院及びショップで対応させて頂くスタッフは、佐野三浦
靴合わせとインソール制作の専門家であり、国家資格セラピスト(理学療法士・鍼灸師)でもあります。

皆様、何卒よろしくお願い致します。

このページのトップヘ