足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

カテゴリ: 足と靴のトラブル予防

フルオーダーの8cmヒールパンプスを、今日受け取りに来てくださったお客さまです。
お渡しする前に、その場で履いていただき、お客様にも履き心地を確認していただきます。
その上で、斎藤先生と三浦さんが歩行状態をチェック。歩く様子や歩いているときの靴の状態を丁寧に見ていくのです。
これにより、細かな調整をどの部分にどれくらい行なうかは、斎藤先生と三浦さんで相談して決めていきます。

0123_9781_w480
最終調整を待つあいだ、今回のお客様が市販のパンプスでつま先が痛くなった原因について斎藤先生に少しお話をおききしました。
斎藤先生いわく、「こちらのお客さんは踵骨が長く、足の指も長いというバランスの方。市販の靴でふまずの長さが合わないと、ヒールのある靴の中では足が前に滑っていってしまいやすい。」とのこと。
それで、買ったときは大丈夫と思った靴でも履いているうちにだんだんすべってきてつま先がつまって痛くなってきていたのですね。そういう場合、痛いからといってそこに詰め物をしたり、逆にそこだけ伸ばして広げてしまったりされるケースがありますが、それでは全然解決しないのだそうです。

0123_9775_w480
0123_9789_w480

こちらのお客様は、バイオリン演奏時専用にとハイヒールをオーダーされた方です。
この日は試着靴が完成し、履き試しにおいでくださいました。仕上げの調整を三浦さんが行なっている様子です。

0117_9665_w480
0117_9646_w480
オーダーパンプスの製作も実際に学んでいる三浦さんだからオーダーパンプスの採寸データとトレース画の情報も読みとり方のポイントがわかります。
斎藤先生がパンプス製作時に用いたトレースを確認し、実際に履いている状態と照らし合わせながらパンプスの調整をおこなうのです。

0117_9637_w600
0117_9639_w480
0117_9678_w480

今日は、社団法人日本ソーシャルウォーク協会さんのイベントがありました。
今日のコースはゴールが馬喰快歩堂。
・・・ということで、日頃はなかなか知ることのない、ご自身の足の状態や” ちゃんとバランスよく、足の指も使って歩けているのかどうか? ”等々、専門の機械で佐野と三浦がチェックしながら、
皆さんと足と歩きにまつわるいろんなことをあれやこれやおしゃべりさせていただきました。

1220_00_9435_w480
1220_00_9383_w480
1220_00_9385_w480
1220_00_9391_w480
1220_00_9414_w480
1220_00_9371_w480


こちらのお客さまは、今日はセミオーダーのご相談に来てくださいました。
ちょうどどのデザイン、カラーにするか選び中のところ、試着してくださったところをお写真とらせていただきました。
どれにしようかと佐野さんと相談しながら選んでくださったのは下の写真の靴。馬喰快歩堂ブランドのコンフォートシューズ/ベルトタイプのブラック×ダークブラウンの型押しのモデル。
すごく素敵です!
1104_8804_w480
1104_8807_w480
靴をお選びいただいたあとは、セミオーダーのため丁寧に足の採寸とフットプリントなどさせていただきました。
次回お越しいただくときは靴のお受け取りとなります。
完成まで、どうぞ楽しみにお待ちください!

人間の【足長】は踵の長さ、足部アーチの高さ、足指の長さによって構成され、計測値に反映される。
しかし、
当然ながら踵の長短、足部アーチの高低、足指の長短の割合は人によって千差万別である。

1007_01_w480
ヒモ靴を代表とする踵の低い靴は
足長の構成要素である、踵・足部アーチ・足指がほぼ直線上に構築され、
トータルの長さである【足長】にて靴のフィッティングができる。
逆に言ってしまうと、各構成要素の厳密な長さが必要なく、
故に平坦な場所で、踵からつま先までの長さを測るだけでサイズの確認は事足りる。

パンプスを代表とする踵の高い靴は
足長の構成要素である、踵・足部アーチ・足指が折れ線上に構築されるため、
それぞれの部分を靴にフィッティングさせるためには当然ながら踵の長短、足部アーチの高低、足指の長短の割合を求めなければならない。
(※勿論、歩行運動中の変化も考慮してである)
これがパンプスの難しい理由の一つである。
ところが、
この長さや割合を考慮せずヒモ靴同様、
トータルの長さである【足長】でサイズ確認を行ってしまうために

前に滑る、踵が抜ける、靴が笑う、足指があたる、靴擦れができる、etc

という弊害を引き起こす。

既成パンプスの修正に関して現在のDymocoインソールではアーチパッドのサイズとアーチカーブの調整を主としているが、踵骨周辺のアプローチはまだ少ない。
フットプリントにて踵骨の長さを確認し、その起点となる部分に1ミリ~1.5ミリ弱の修正を施すだけで、効果は劇的に向上する。(ヒールカウンターの調整等も必要になってはくるが)

Dymocoインソールを作製している方対象に有志による勉強会を考えている。
ヒールカウンターの調整方法やフットプリントの採取方法も時間の許す限りお伝えしたい。
パンプスでお悩みの方、またその方々を対象に日夜研鑽を積まれている方の一助になれば幸いである。

このページのトップヘ