足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

カテゴリ: 足と靴のトラブル事例

男性のお客様より手縫底付けの外羽根紳士靴の調整をご依頼いただきました。
普段は営業にて馬喰町を闊歩し、イギリス靴をこよなく愛するS様。

S様:『前から気になっていたんですけど、他所のオーダー靴の調整も可能ですか?』

との問いに、勿論、喜んで対応させて頂く旨をお伝えしました。
S様:『右足の指がどうしても当たるんです。革が柔らかくなるまで待ったんですが…』
1219_01_w480

早速靴を拝見します。すると、履いた時点で、いくばくかの踵の緩みを訴え、歩行時に右母趾とアッパー上部の摩擦の痛み、右小趾の痛みがあるとのこと。その位置と状態を確認します。

この状況から考えられる要因は、踵の固定が弱い、足が前に滑る、もしくは踵が押し出されていること。その現象を引き起こすのが、足部不良運動(過回内、過回外)なのか、それとも靴の各種パーツの誤差によるものかを見極める必要があります。

この歩行姿勢の分析より、右足が過回外、左足が過回内の傾向が強ことが判明。歩行軌跡の分析によって、左測推進期の過回内より右側接地期の過回外を誘導し、右側推進期の過回外に至ることも判りました。

これらを把握した上で、インソールの設計を考え作っていくのです。
左側ショパール関節部と母趾級側面から母趾内壁へのサポートを中心に作製し、
右側は立方骨部はアーチ状の付加、第5中足趾節関節部はややウェッジ形状を強めに作製させていただきました。
1219_02_w480

インソールを装着し、履いてみていただきます。歩いてみると、足の痛み、かかとの緩みは消えているとのこと。
S様:『おおっ!別の靴みたいです。』

翌週、その後の靴の履き心地状態をおうかがいしました。
S様:『調子良いです。でもまだちょっと気になるんですよ。』 とのこと。
屋外で長い時間歩くと小趾が当たり始めるご様子。
拝見すると、少し赤くなっていたのも確認できました。

歩いてもらうと、歩行姿勢、歩行軌跡共に、足部不良運動が是正されている状態。
このことで遠因は靴のパーツ誤差と判断しました。
結果、ヒールのアゴの設定角度が靴底着地位置に対して直角になっていない点、もう一つは木型状踵部の外側のスペースが不足している点が判明し修正を加えます。

S様:『うおっ!』 という声が上がり…
『バッチリです!今度別の靴もお願いします!!』とのこと。

後日、指の痛み・踵の緩み共に解消された旨を賜り、
ご好意で実家で栽培されている林檎を頂きました。

S様、ご来店ありがとうございました。


オーダー靴では、踵をしっかりと固定する為に履く方に合わせて木型を作る。
当然、靴内と同じ向きで足が固定される。
この状態でヒ-ルのアゴが歩行時の着地位置に対して直角に切れていないと足はその位置に誘導される。つまり“木型の着地位置とヒールが誘導する着地位置の誤差を生み出す。

この誤差により、踵骨や周辺の軟部組織が外側に動き、外側のヒールカウンターに当たりながらの歩行となる。
足が硬い方は靴擦れになりやすいが、一方、足がやわらかい方は踵部の軟部組織に押し出される形になり、足が外転方向に誘導され、小趾がアッパーに押し付けられ痛みが出やすいのが特徴と言えよう。
靴の踵部を足に合わせた場合、もしくは堅固な素材を用いるゆえに起こる問題である。

既製靴は踵部を大きく作る為、踵の内・外共にに余裕があるのでこの問題は生じにくい。
既成靴とオーダー靴の調整方法に関しては、オーダー靴の方がシビアである。
足に合わせずゆえに起こるトラブルと、
足に合わせて作るがゆえのトラブルは、症状は似ても問題点は非なるもの
である。

上記の対応例がオーダー靴を選ばれる方、その調整に対応される方の一助になれば幸いである。

外反母趾でお悩みのため、長野からご来店くださったM様です。
計測してみると、足が大変柔らかい方でした。
長年靴選びに困られていたそうですが、足が柔らかいなんて初めて言われたとのこと。

1116_01_w480
※足が柔らかいとは…
足の甲幅(足幅)と足の甲周り(足囲)の数値が体重をかけた時とかけていない時の差が大き
い状態を表します。
同じ 外反母趾でお悩みの方でも『足の硬い』方と『足の柔らかい』方では当然、靴合わせの方法やインソールの作製ポイントが違うものになります。

コンフォートシューズをセミオーダー頂いており、今回無事に納品となりました!

ロングカウンターで第一中足骨をしっかりホールドし、足部自体の変化を抑え、
外反母趾の部分は当たらないように空間を創る木型修正の特別仕様!


また、普段履いているスポーツシューズの紐の締め方を変えてあげると
『全然違う靴になりました!』と驚くM様。
前述の様に、足が柔らかい方は靴紐の種類、通し方、通す順番、締める箇所と内外側の強弱によって足部運動が正反対に変化します

フィッティング途中で新開発したフラットパンプスに目が留まり、試着を希望され、
当該サイズがまだ木型から外していなかっため、
急遽上階の工房にて斎藤氏に木型を外して貰い、出来たてホヤホヤの靴を試着頂きました。

『かかとが脱げないっ!いいですね!』
とその場で2足目のオーダー!!!
外反母趾の部分を補整するため、こちらは次回納品の予定となりました。
フラットパンプスはコチラを参照ください

こんなふうに、当店馬喰快歩堂は生産工房が直上階にあるというのが一番の強み。
理学療法士の目線でお客様の足をチェックし、その場で製造のプロとチームプレーでお客様に対応することが可能なのです。
M様、ありがとうございました。
今回のような対応例が、外反母趾でお悩みの方の一助になれば幸いです。

写真でご主人と仲良く並んでくださったT様、今日は靴を選びに来て下さいました。

変形性膝関節症の為、手術されてから半年。
膝に負担の少ない靴を求め探していらっしゃったところ、当店まで辿り着かれたのだそうです。

1018_02_w480
一般にコンフォートシューズは、黒・茶の単色が多く、服装や小物に合わせる楽しみが少ないものなのですが、馬喰快歩堂ブランドのこのシリーズ、シックな配色を楽しんでもらえるラインナップも自慢の一つなのです。
(工房も同じ建物内だから、セミオーダーで、お好きな色で作ることも可能です。)

T様も最初は無難な黒単色を候補に入れていらっしゃいましたが、ダークブラウンと型押しのコンビが目に入り、迷われていました。・・・そこへご主人の一言。

『手術して頑張ったんだから、お洒落したら?』
ぶっきらぼうにおっしゃる中にも、奥様を大切にされているのが私たちにも伝わってきました。


T様も「・・・運動靴以外のものは久し振りに履きました!」と嬉しそうなご様子です。

そして、歩行矯正用のインソール(※DYMOCO理論採用)もお作りし、あわせて履いてみて頂きました。すると、
「靴が吸い付いてくる!?」と驚きのご様子。 よかった!

この馬喰快歩堂ブランドのコンフォート靴、もう一つの特徴は、インソールを入れていただく場合に、DYMOCO理論に基づいたオーダーインソールのパフォーマンスを最大限発揮できるように作られているところです。

そして、それを実感していただけるよう、お客さま一人ひとりのその時の足の状態・歩きの状態にあわせ、きめ細かな調整をつねに心がけています。

T様、ご来店ありがとうございました!

馬喰快歩堂治療院のスタッフブログがOPENしました! 

治療の詳しいご案内から事例紹介まで、日々綴っていきますので、ぜひご覧ください。


最新の記事では巻き爪矯正の事例をご紹介しています。

馬喰快歩堂治療院 スタッフブログ はこちら

1016_01_w480


このページのトップヘ