足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

カテゴリ: 木型と靴の関係

先日よりフルオーダーのパンプスをオーダーくださっている知念様。 ※前回の記事
市販のパンプスだと足が前にすべりやすく、いつもつま先が痛くなってきてしまうのだそうです。
今日はそのパンプスの試着確認の日。

「オーダーパンプスの自作工房ヒロ
は快歩堂と同じビル。業務もきめ細かく連携しながらお客様に対応しています。というわけで、自作工房へのオーダーの予約窓口としても快歩堂はご相談をお受けすることが出来るのです。
パンプスの木型については造詣の深い佐野さんも工房の斎藤先生と一緒に試着確認に参加。知念様の履いた感想をききながら歩行動作と靴の状態をチェックしていきます。
1218_9319_w480
1218_01_9332_w480
1218_01_9324_w480
1218_01_9323_w4801218_9329_w480

快歩堂ブランドの靴には、フラットパンプスから4cmヒールまであるのですが、このうち、4cmヒールのシリーズは、実は単に4cmヒールにしているのではありません。歩行をサポートするための理由から、それを実現するために4cmヒールとなっています。
これについては自作工房ヒロの斎藤先生が独り言でこんな話をされていますので、ご紹介します。
興味のある方はぜひ一度、読んでみてください。→ 自作工房ヒロのblog:「職人の独り言
1213_9492_w480

この勉強会は足のリハビリの専門家と、靴造りに関わる人が共同で学ぶ場です。
既に一年に渡り開催しておりますが、受講生は真剣そのもの。


講師をしている私達にとっても学びの多い、貴重な集まりです。
足と靴との良い関係を考えていくうえで、その為の木型とインソールの構築は大変重要です。

より良いモノを創りだしていく為、今後も継続して頑張ってゆきたいと思います。
0518_165839_w480

外反母趾などで足に痛みがある方むけのコンフォートシューズを開発中です。
まだ試作段階ですが、かなり良いものができそうです。
 ※前回の記事
パンプスと場所や目的に応じて使い分けして頂くと、足へのストレスを軽減しやすくなると思います。
0131_923_w480

木型というものをご存じでしょうか。ラストとも呼ばれ、靴をつくる際の型になります。

前述したとおり、治療用のインソールや靴をつくる人は沢山いるのですが、靴の原型となる木型を各個人の足の形や歩行状態に合わせて、適切に調整出来る人は殆んどいません。

0129_33_w600

この問題は、紐靴以外の靴を製作する際に顕著化します。紐などの留め具のない靴(パンプスなど)は、木型が合っていないと靴の中で足が動き、ゆび先のトラブルや踵のスッポ抜けを生じさせます。

石膏で型を採れば良いかというと、そういう訳でもありません。靴は足そのものよりも各部位を適切に絞ってつくらないと、遊んで脱げてしまい、履けるものにならないからです。

木型・インソールをきちんと各個人の足の形態や歩行状態に合わせてこそ、本当の意味でのオーダー靴なのです。

私達も最初はそのことに気が付かず、パターンオーダーのことをオーダー靴だと思っていました。しかしパターンオーダーの中身は色やデザインを選べるというだけで、実際は既製靴と同じものなのです。市場にはオーダー靴を名乗る既製靴が反乱し、買い手を混乱させています。医療系の靴業者ですら、木型をきちんと捉えているとは言い難い状況です。

靴を歩行具として捉えた場合、既製靴には既製靴の、オーダー靴にはオーダー靴の役割があります。既製靴は出来るだけ多くの人に、完璧とはいわないまでも、大きなトラブルなく履いてもらうことがその役割といえます。オーダー靴は一般的な既製靴の合わない人が、きちんとフィットした状態で、トラブルなく履けることこそその役割のはずです。

足の痛みや変型に悩んでいる人達に何ができるか? 考えた末の結論が、リバビリの現場に立ちながら自らが靴づくりに関わるということだったのです。

このページのトップヘ