足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

2014年11月

日本エアロビック連盟理事長 知念かおる様がご来店くださいました。
身体のコンディショニングでご利用いただくと共に、馬喰快歩堂オリジナルのバックファスナータイプのショートブーツをご愛用いただいております。勿論オーダーメードインソール入り。

そしてこの度は、更に木型からのオーダーメードパンプスをご注文いただきました。
1127_204734_w480
競技団体の理事長というハードなお仕事柄、日常的にかかる心身へのストレスは相当なもの。

私共にできることは微力ではありますが、少しでもお役にたてるようがんばりますので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

ホットペッパービューティーでは、快歩堂”で検索していただくと一発表示です!
ここでは新規のお客さま用クーポンも4種類ご用意しましたので、ぜひご利用ください。

ホットペッパービューティー 馬喰快歩堂フットケアセンターページ

お試し<角質除去>足裏レスキュー◆クイック30分 ¥3780-
のほか、3種類のクーポンは有効期限が12月31日まで。 

空席確認・ご予約は、ホットペッパービューティーのサイトからどうぞ
1126-1

hiro靴工房のOGで当施設のお客様でもある、アトリエ 『実のなる木』様が
大阪2箇所でファーストシューズのカスタムオーダー会をされます。

1107_01
そのうち11月24日は、制作工程の”釣り込み”という作業の実演を見ることができます。

ファーストシューズと言えども、制作過程は大人の靴と同じ。
靴のつりこみ作業を間近で見られる数少ない機会ですので、興味のある方、お時間のある方は是非ご来場下さい。

★11月23日(日) 阪急うめだ本店(お子様を対象にしたワークショップ)
http://minonaruki.blog102.fc2.com/blog-entry-173.html

11月24日(月・祝) あべのハルカス近鉄本店
ファーストシューズ制作実演とカスタムオーダー会
http://minonaruki.blog102.fc2.com/blog-entry-174.html


再来週、四国は高知より納品のため来店されるG様のオーダー靴。
一足磨き終わった後、ほっと一息休憩中。

どんなに機能が良くとも、気持ちよく履いて頂けなければ、、、クローゼットの奥が定位置となってしまう。

1117_01_w640
靴=インソールの容れ物ではなく、
靴こそ良好な足部運動を促すフットギアである。
そして、いかに汎用性が高くともインソールはその補助手段にすぎない。

人口密集都市生活における生活必需品は『靴』であることを忘れてはならない。

距骨下関節の運動をコントロールするのは本来ヒールカウンターであり、
既成靴は万人向けの為に、ヒールカウンターを短く、低く設定する。
そのために、インソールでの載距突起・立法骨部の補正技術が必要となる。

甲を覆うアッパー部の皮革が良質な状態を維持出来るほど、
足根骨から中足骨部を保持し、アーチの補正は少なくて済む(ハイアーチは別として)
インソールでの調整依頼が一番多い時期は、アッパー部が伸びて緩くなった時だが、
アッパー部の皮革の保存技術は、それだけで足部運動を良好な状態に保つ技術と言える。

故に理学療法士、靴を磨く


外反母趾でお悩みのため、長野からご来店くださったM様です。
計測してみると、足が大変柔らかい方でした。
長年靴選びに困られていたそうですが、足が柔らかいなんて初めて言われたとのこと。

1116_01_w480
※足が柔らかいとは…
足の甲幅(足幅)と足の甲周り(足囲)の数値が体重をかけた時とかけていない時の差が大き
い状態を表します。
同じ 外反母趾でお悩みの方でも『足の硬い』方と『足の柔らかい』方では当然、靴合わせの方法やインソールの作製ポイントが違うものになります。

コンフォートシューズをセミオーダー頂いており、今回無事に納品となりました!

ロングカウンターで第一中足骨をしっかりホールドし、足部自体の変化を抑え、
外反母趾の部分は当たらないように空間を創る木型修正の特別仕様!


また、普段履いているスポーツシューズの紐の締め方を変えてあげると
『全然違う靴になりました!』と驚くM様。
前述の様に、足が柔らかい方は靴紐の種類、通し方、通す順番、締める箇所と内外側の強弱によって足部運動が正反対に変化します

フィッティング途中で新開発したフラットパンプスに目が留まり、試着を希望され、
当該サイズがまだ木型から外していなかっため、
急遽上階の工房にて斎藤氏に木型を外して貰い、出来たてホヤホヤの靴を試着頂きました。

『かかとが脱げないっ!いいですね!』
とその場で2足目のオーダー!!!
外反母趾の部分を補整するため、こちらは次回納品の予定となりました。
フラットパンプスはコチラを参照ください

こんなふうに、当店馬喰快歩堂は生産工房が直上階にあるというのが一番の強み。
理学療法士の目線でお客様の足をチェックし、その場で製造のプロとチームプレーでお客様に対応することが可能なのです。
M様、ありがとうございました。
今回のような対応例が、外反母趾でお悩みの方の一助になれば幸いです。

このページのトップヘ