足の痛み解決!靴をつくる理学療法士のblog

靴の販売・オーダーメードインソールの『 靴の馬喰快歩堂 』のご案内と、
理学療法士の目線から足と靴の関係・履物でのトラブル防止に長年取り組んでいる三浦賢一(みうらけんいち) & 佐野宏次(さのこうじ) 
ふたりの活動をご紹介しています。

2014年04月

実はかなり以前よりフットケアの重要性を痛感しており、この度晴れて講習会を受講することが出来ました。

足にトラブルを抱える方のオーダー靴は勿論ですが、股関節、膝関節、足関節のリハビリ中にも足裏や足指間の『タコ』や『ウオノメ』の存在に悩まされるケースは以外と多いのです。


特に、踵から爪先へ移動がスムーズに行えない故に引き起こされるトラブルの影には大体、います。

今回はそのケア方法を学ぶ機会に恵まれることが出来ました。
マシンの使い方や、固定方法、対応できる状態etc.
実技中に過去リハビリで対応した方数名の顔が浮かび、もっと早くこの機会に巡り合えていればと考えてしまう程、充実の内容でした。

目指すのは『足と靴と歩きから、全身の問題に対応できる総合施設』です。
足にトラブルを抱えた方のオーダー靴は決して一筋縄ではいきません。しかし、それを乗り越えたとき、お互いの喜びは別格です。
0417

脳梗塞という病気の後遺症で、左下肢の不自由な70代女性のA様にご来客頂きました。
麻痺により爪先がうまく反れない為、体重をスムーズ前方に移動できず、見るからに歩き辛そうなご様子。

0328_3_w480
0328_0_w480

詳細に計測と歩行分析を行いインソールを制作した結果、前方への体重の移動がスムーズになり、歩行スピードとバランスが顕著に改善。歩く度にニコニコ顔のAさん。別の靴も持って来ると、大変喜んで帰られました。

足下からこんな笑顔を量産できることを目標に、今日も新しい靴の開発を進めていきます!

このページのトップヘ